私の家庭での節約術

私の家庭での節約術なのですが、まずは電気代を節約する事です。電気代を節約するには使わない電気は消す事が鉄則です。また、クーラーなど使用時期以外は使わない物は元からコンセントを抜いておく事も重要です。
また、冷蔵庫の開け閉めが多くなると電力を消費しますので、メモ用紙に冷蔵庫に入っている食材を書いて、なるべくドアの開け閉めが少なくできるように工夫しています。
そして、お風呂にお湯をためる際にはペットボトルを利用して、少ない水でお風呂にお湯がたまるようにしています。さらに、夏場などは家にいるとクーラーの使用で電気代が高くなるので、平日などは市の図書館などに行って涼んでいます。図書館では本を無料で読めて借りれるのでお勧めです。
また、外出する時など車の使用はなるべくひかえ徒歩か自転車で移動するように心がけています。適度な運動にもなるので健康にもいいと思います。これらが私の実践している節約術ですが、最初からいろいろ節約しようとすると疲れるので、なにか1つ決めて始めるのがいいと思います。
節約にも理由があると思います、お金を貯めたくてとか環境的に考えてなどですが前者のお金を貯めたい方は、お金を借りて返していく方法もあるので気になったら銀行 フリーローンをご検討ください。

メガバンクのビジネスローン

20世紀末の金融危機によってそれまで十数行あった我が国の都市銀行は、合併を繰り返し現在は3行のメガバンクに集約されました。

その3大メガバンクとは都市銀行の中で特に規模の大きい、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行とみずほ銀行の3大メガバンクを意味します。

この3大メガバンクは旧大手都市銀行が数行合併してできたメガバンクで、規模・預金量・貸し出し金額・利益のどれを取っても日本の銀行の中で突出した存在です。 大手借入の審査が不安な方はこちら→ローン審査

最近は自民党安倍政権の誕生でアベノミクスによる異次元金融緩和によって円安と株高が進み、景気の見通しに明るさが見えてきました。

しかし、昨年までの20年間はデフレ不況が続き、3大メガバンクの大企業への融資は伸び悩んでいます。

その理由は現在の日本経済の大きな需給ギャップにあり、企業が物を作っても売れない状態だからです。

従って、企業は前向きの設備投資や研究開発投資や企業買収を控えていますから、3大メガバンクと言えども大企業向けの融資は中々伸びません。

その結果、3大メガバンクも個人向け融資に力を入れていますが、労働力人口が減少する中で住宅ローンも以前の様には伸びません。

そこで、各行が目を付けたのは個人向けの無担保カードローン分野です。

もともと、個人向けの無担保カードローン分野は、収益性の高い分野として各行とも力を入れていました。

しかし、デフレ経済が長引く中で3大メガバンクは大手消費者金融会社を傘下に収め、個人向けの無担保カードローン分野に更に力を入れています。

特に、個人向けの無担保カードローンとビジネスローンに注力しています。

3大メガバンクのカードローンやビジネスローンの特長は、低金利で融資の上限金額が大きいことです。

また、3大メガバンクは貸金業法の総量規制の影響を受けないこともメリットと言えます。

只、審査に於いては、3大メガバンクは最も審査のハードルが高いことは否定できません。

メガバンクなどで借りにくい主婦の方はこちら→主婦でも借りれる金融

ビジネスローンの利用者

実質的な意味での中小企業や零細企業の資金調達方法は3つのルートが考えられます。

中小企業や零細企業の資金調達方法の1つ目は、日本政策金融公庫や信用保証協会や都道府県・市区町村などの公的機関による公的融資です。

公的融資は審査のハードルが高く審査に1ヶ月以上の時間が掛かりますが、適用金利は最も低く消費者金融会社のビジネスローンよりも10%程度も低い場合があります。

そして、中小企業や零細企業の資金調達方法の2つ目は銀行(銀行からお金を借りたい)のビジネスローンです。

銀行のビジネスローンも審査のハードルは公的融資同様に高いと言えますが、審査の期間は数日から1週間程度で公的融資よりも早いことが特長と言えます。

更に、中小企業や零細企業の資金調達方法の3つ目は、信販クレジット会社と消費者金融会社のビジネスローンです。

信販クレジット会社と消費者金融会社のビジネスローンはスピード審査で消費者金融会社は即日融資する業者もありますが、ローン金利が高いことが唯一最大の欠点と言えます。

そこで、日本政策金融公庫や信用保証協会や都道府県・市区町村などの公的機関による公的融資の利用者は、黒字の中小企業や零細企業が考えられます。

公的融資の審査は少なくとも黒字企業でなければ超えられないと考えられるからです。

次に、銀行のビジネスローンの場合も黒字の中小企業や零細企業が考えられます。

やはり、銀行のビジネスローンの審査のハードルも相当高いことが予想されるからです。

そして、信販クレジット会社と消費者金融会社のビジネスローンは、赤字の企業でも審査をパスすることができます。

只、信販クレジット会社と消費者金融会社のビジネスローンは、金利が高いので赤字企業が返済するのは大変です。

従って、ビジネスローン全体を見ると最も低い金利のローンが必要な赤字の中小企業や零細企業が、高い金利の信販クレジット会社と消費者金融会社のビジネスローンしか利用出来ないのは皮肉な感じです。

ごく一般的な借入をお求めの方はこちら→お金借りれる